エンダモロジー

エンダモロジーは、痩せやすく健康的な身体を目指すものです。これはダイエットの痩身マシンを使った痩身エステのひとつの手法です。そもそも人の手で施術するトリートメントやマッサージ技法をマシンで行うようにしたものです。

 

人の手で行う痩身マッサージやトリートメントの場合、一般的に「もむ、押す、軽くつねる、叩く、さする」等の技法があります。他にも「カッピング」と呼ばれる空気圧を利用して吸うという手法もよく用いられますが、施術するエステティシャンのテクニックや指の形によっては、少々痛さを感じることも少なくないようです。

 

というのは、一般的には細い指の人の場合、圧力が一カ所に集中するので、顔など細かい部位の指圧向いています。身体への指圧は痛点を刺激するので、あまり向いているとは言えないようです。ふっくらとした指を持つ人の指圧の方が気持ちよさを感じる傾向にあります。

 

 

しかし、マシンで行うエンダモロジーの場合、相手は機械ですからそういった指の形やテクニックなどに左右されることなく施術をできるというメリっとがあります。エンダモロジーは、むくみやセルライトに特に強いといわれています。

 

エンダモロジーのデメリットは、少し時間がかかり、年中ケアしている人もいるようです。また、エステ費用が高額になりやすく、体験エステの設定の場合も、他のダイエットエステに比べて若干高めの数千円程度になっているケースが多いようです。

 

その他のデメリットを上げるとすれば、ハンドマッサージのエステと比較して、体質に合わせた施術が少々難しいということがあります。熟練したエステティシャンが自分の手でハンドマッサージをする場合は、顧客の皮膚に触れたとたんに、どれぐらい圧力をかけるか、もむのか、叩くのか、押すのかなどを判断することが可能です。ですが、マシンでは、個人個人に対応した細かな指示を送ることは困難です。

 

それからもう1点。エンダモロジーを受ける場合は、現在は「全身タイツ」のような専用ウェアを着ます。ウェア1枚になり、下着は着けないのだそうです。日本人は肌が弱いのでこのようなウェアが必要ということのようです。このウェアは、薄い生地のために恥ずかしく感じる人もけっこういるようです。

 

エンダモロジーを施術してもらったら、その後は多めに水分補給をしましょう。水を2リットル程度飲み、カラダの中の老廃物をカラダの外へ、追い出すように心がけましょう。また、エンダモロジーの施術の後は、運動を行うようにしましょう。運動することで効果が高まります。

 

 

>>シーズ・ラボでエンダモロジーを取材しました⇒こちら

 

 

キャビテーション

ダイエットエステ体験 安い順ランキングはコチラ