エステトラブル時の解決法

エステサロンのトラブルを大きく分けてみると、「身体的なダメージ」、「精神的ダメージ」、「金銭的ダメージ」の3つに分かれます。この3つは互いに関わりあっていますから、明確に区別することはできません。

 

しかし、このうち、「精神的ダメージ」、「金銭的ダメージ」は時間がたてば、誰かの慰め等で和らぐことが多いのです。お金はまた稼げばいいですし、心は忘却という優しい薬があります。エステサロンのトラブルの中で、もっとも厄介なのは「身体的ダメージ」なのです。治癒のために医療を受けなければいけない経費や時間を大いに無駄にすることになり苦痛が生じます。
今回は施術ミスで肌に傷が残り、先方が十分な対処をしてくれないという状態を想定してお話ししましょう。
まず、エステサロンに行く時には、必ずご自分のその部位の写真を撮っておいてください。そして肌に残った傷の写真もその場でとります。そしてその写真をもって、医療機関に行き、それがエステの施術によるものだという証明をもらってください。そして、かかった経費は総て領収書を正式な形で保管します。

 

次にするのは専門の相談機関のサイトへのアクセスです。エステティック消費者相談センターなどがございます。もし悪質なサロンでしたら、他にも被害にあわれた方もきっといるでしょう。そこで、窓口の方の指示を仰ぎ、資料を残してあることを伝え、必要ならばそれを送付して、情報提供をなさってください。歴然とした事実が蓄積されれば、業界も不名誉な評判を挽回するのに動かざるを得なくなります。決してひとりで抱え込まないでくださいね。

 

ただ、人はどんなに注意してもミスを起こす生きものです。問題はミスをしてしまった後のアフターフォローです。きちんとサロン側がフォローしてくれたならここまでする必要はないでしょう。

 

エステ 勧誘時の断り方

ダイエットエステ体験 安い順ランキングはコチラ